スーパーNOVAチャックIIのメンテナンス方法

「チャックの動きが悪い」と思ったら、メンテナンスしましょう

ウッドターニングに欠かせないチャック。
材料の近くで使うものですから、当然のことながら中に木屑が入ってしまったり、長く使っていれば油が乾いて動きが悪くなってきます。
定期的にチャックを分解して各パーツのメンテナンスを行うようにしましょう。
準備するもの

NOVAチャックを分解するには、[軸用] 直爪スナップリングプライヤ 大 (32~80mm)を使用します。

 

その他、チャック付属の各種六角棒レンチ、安全ゴーグル、手袋、ウエス、潤滑剤、グリスをご用意ください。

分解する

インサート緩み防止ネジ(グラブスクリュー)を六角棒レンチ(3mm)を使って緩めます。
使用中のチャックでは木屑などで見えなくなっている可能性があります。位置をよく確認してください。

インサートを外した状態です。

取り外したインサート緩み防止ネジ(グラブスクリュー)とファイバーワッシャー(写真の赤いパーツ)は再度使用しますので、無くさないよう保管しておいてください。

六角棒レンチ(4mm)を使ってネジを緩め、チャック本体に装着されているジョーを外します。

4つのジョー全て外した状態です。

背面のスナップリングを外します。

※スナップリングプライヤーを広げる際、スナップリングが飛ぶ可能性があります。必ず安全ゴーグル、手袋をして、周囲の安全も確認しながら作業してください。

スナップリングを外した状態です。

バックプレートを外します。

 

もし、バックプレートが木屑やグリスなどの汚れによって固着し外しにくい時は、チャック本体の汚れを落とし、チャック本体とバックプレートの隙間に細い棒などを差し込んでゆっくり外してください。

ピニオンギア(ジョーを開閉する時に回す部分)を外します。

ピニオンギアは2ヶ所にあります。

スクロールリングを外します。

ジョースライドを外します。
1番から順に外してください。
このあと戻す際に1番がどの位置にあったか場所がわかるようにしておいてください。

全てのパーツを外した状態です。

必要に応じて各パーツをクリーニングしてください。

組み立てる

元々1番のジョースライドが入っていたところに1番のジョースライドを入れます。
他のジョースライドも順番に元あった位置に戻してください。

ジョースライドを中央に集めます。

中央に集まったジョースライドがずれないようにしながらチャック本体を裏返します。

スクロールリングをセットします。

ジョースライドとスクロールリングが触れる部分にグリスを塗るのをお勧めします。

スクロールリングの溝がジョースライドに正しくセットされているか確認した後、指でゆっくりとスクロールリングを回してジョースライドが動くかチェックしましょう。

ピニオンギア(2箇所)を挿入します。

ピニオンギアが正しくセットされているか確認します。

スクロールリングとピニオンギアが触れる部分にグリスを塗るのをお勧めします。

ピニオンギアが外れないように注意しながらバックプレートを戻します。

正しくバックプレートがセットされたことを確認します。

この段階でチャックの開閉が可能か確認し、開閉できないようであればやり直してください。

スナップリングを戻します。

※スナップリングプライヤーを広げる際、スナップリングが飛ぶ可能性があります。必ず安全ゴーグル、手袋をして、周囲の安全も確認しながら作業してください。

インサートを戻します。

ファイバーワッシャー(写真の赤いパーツ)とインサート緩み防止ネジ(グラブスクリュー)をセットして、組み立て終了です。

PAGETOP