HOW TOはこちら

関連商品はこちら

OTORO トリマーテーブル TTX2

トリマーの能力を最大限に引き出せるよう考え抜かれたトリマーテーブル!

品番 AA0610

¥39,900(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
お手持ちのトリマーをこのテーブルに取り付けることで、希望の幅・厚みの材料に加工したり、小さい材料への繊細な飾り面加工が可能になります。

大きなものはできませんが、それはまさにミニサイズの手押しカンナ(ジョインタープレナー)と自動カンナ盤(シックネスプレナー)の機能そのもの。
コンパクトなサイズの中にぎっしり機能が詰まっています。

商品紹介ムービー (C) OTORO DESIGN INC.

専用トリマーアダプター
OTORO トリマーテーブル TTX2にトリマーを取り付ける為には、別売の専用アダプターが必要になります。

アダプターは各メーカーのトリマーに合わせて3種類ご用意しました。
下の対応表からお手持ちのトリマーに合ったサイズのアダプターをご購入ください。

アダプター メーカー 機種
S リョービ TRE-40、TRE-55、 MTR-42、TRE-60V
マキタ 3707F、3707FC、M371
M 日立 M6、M6SB
L リョービ TR-30A、TR-40、TR-50、TR-51、MTR-40、MTR-41
マキタ 3701、3702、3709、M373、RT40DZ、RT50DZ

※マキタ3705、M370、BOSCH(ボッシュ) PMR500は取り付けできません。

リョービ トリマ TRE-60V とMTR-42 はモータ部が大きく、通常の位置ではハイトアジャスターが接触し操作がしづらいため、取り付け位置を図の青矢印の位置(手前の穴)に変更します。

OTORO トリマーテーブル TTX2にできること

ジョインター(手押しカンナ盤)・プレナー(自動カンナ盤)のような加工がトリマーでもできる!

木端を真っ直ぐに加工して板接ぎをしたい、同じ幅の材料を用意したい…
そんな時、ジョインターやプレナーを用意するのはかなりハードルが高いですが、トリマーで同じことができるとしたら…?
ストレートビットやアップカットスパイラルビットを取り付け、フェンスを0.1mm単位で動かしながらジョインターやプレナーのように木端を整えることができます。
トリマーは回転が速いので、加工面もきれいで仕上げの手間が省けます。

小さい・細い材料でも気軽に加工できるのがトリマーテーブルの良い所。

手押しカンナとして(ジョインターモード)
切削量の微調整は10倍の精度を約束する10:1斜行インフィードフェンス。0.1mmの削りが可能。

幅決めができる(シックネスモード)
ジョインターモードで加工した面を基準にし反対の面を加工して、同一幅の材料に変身。


小さな材料への飾り面加工や溝加工が正確に!

ジョイントビットや飾り面ビットでの加工、あるいは溝切り加工などはモールディングモードで。
手持ち加工では少し不安定な加工も、トリマーテーブルで行えば安定して正確な加工が行えます。

モールディングモードでフレーム(額縁)の飾り面加工。ボーズ面や角面、ギンナン面といった面取りにも。
※モールディングモードの場合はインフィードフェンスとアウトフィードフェンスは同一線上に揃えます。

別売のパラレルフェンスとダブルフェザーボードで、モールディングモードがさらに使いやすくなります。
別売品の詳細は関連商品をご覧ください。


更にミニチュアサイズの加工なら…

トリマーに3.2mm スリーブ(別売)を取り付ければ、小さい3.2mm軸のミニチュアビットを使用した加工もできます。模型製作や建築モデル、ドールハウスの小物製作に

OTORO トリマーテーブル TTX2の便利な機能

0.1mm 単位で調整可能な2つのフェンス
ジョインターモードで使用するインフィードフェンスのオフセットは、その場に固定したままフェンスのつまみを動かすだけで0.1mm単位で行えます。目盛で5mm動かすと0.5mmだけフェンスが(矢印の方向に)引っ込みます。微妙な切削が可能。

幅決め・厚さ決めのシックネスモードで使用するフロントフェンスユニットもフェンス自体を固定したままレバーを動かすだけで、フェンスを0.1mm単位で調整が行えます。目盛で5mm動かすと0.5mmフェンスが(矢印の方向に)奥に動かせます。10倍の精度で調整が可能。

ビットの高さ調整はハンドルでらくらく
トリマー取り付け部分はアルミ製でダブテールスライド式。ハンドル操作ひとつで約30mm高さ調整が可能です。高さの微調整はハイトアジャスターで。

取り付け簡単、場所を選ばないコンパクトサイズ
テーブルの取り付けはクランプ式。厚50mmほどまでの作業台に固定することができるようになっています。簡単に収納できて必要な時だけ出して使えるコンパクトサイズです。

センターリング
様々なビットの刃径に対応できるようセンターリングが2種類付属しています。使用しないセンターリングはテーブル裏のリングホルダーに保管しておくことができます。

ダストポート
切削くずを発生したその場で集じんできるダストポートがついています。外径:約48.5mm 内径:約44.5mmOneida ダスト・デピュティーの接続はT-0201のカフスを使って接続。

OTORO トリマーテーブル TTX2 基本仕様

OTORO トリマーテーブル TTX2 基本仕様
全体寸法 幅約410mmx奥行約300mmx高さ約240mm
テーブルサイズ 幅315mmx奥行300mmx厚さ8mm
テーブル素材 エンジニアリング・プラスチック
取付可能な作業台厚 最大約50mm
リフトストローク 約30mm
フェンス調整可能範囲 約3mm
センターリングサイズ センターリング未装着時 約40mm
センターリング大装着時 約24mm
センターリング小装着時 約12mm
ダストポート径 約48.5mm

OTORO トリマーテーブル TTX2の別売アクセサリー

ダブルフェザーボード
モールディングモード中に手で押さえるのが難しい材料をサポートするフェザーボードです。2枚組、厚い材料に対しては重ねて使用できます。TTX2のフロントフェンスに取り付けることができます。

パラレルフェンス
標準仕様のモールディングモードでは切削量を何段階かに分ける加工の際フェンス全体を動かす必要がありますが、パラレルフェンスを使用することで、フェンス全体を動かさずに切削量の微調整ができるようになり、飾り面や溝加工をスムーズに行えるようになります。

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP