HOW TOはこちら

関連商品はこちら

LEIGH ルーターテーブルジグ RTJ400

ルーターテーブルでアリ・アラレ組みを作る!

品番 T_0040

¥36,700(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
ルーターテーブル上でジグを操作して、アリ組み・アラレ組みの加工ができるのが、LEIGH RTJ400です。
スルーダブテール、ハーフブラインドダブテール、ボックスジョイントの3つのタイプのジョイントが一枚のテンプレートで加工できます。

最大加工板幅:16"(約400mm)

※ルーターは1/2"(12.7mm)軸のビットが取り付けできるものをご用意ください。
LEIGH ルーターテーブルジグ RTJ400 仕様
  ジョイントの種類 ジョイントサイズ 加工できる板厚
フルピッチスルーダブテールジョイント フルピッチ スルーダブテールジョイント 1/4"(約6.35mm) ※
5/16"(約7.9mm) ※
3/8"(約9.5mm) ※
7/16"(約11.1mm) ※

1/2"(約12.7mm)
テールボード:
1/8"~1"(約3.2mm~25mm)
ピンボード:
1/8"~13/16"(約3.2mm~21mm)
ハーフピッチスルーダブテールジョイント ハーフピッチ スルーダブテールジョイント 1/4"(約6.35mm) ※
5/16"(約7.9mm) ※
3/8"(約9.5mm) ※
7/16"(約11.1mm) ※
テールボード:
1/8"~1"(約3.2mm~25mm)
ピンボード:
1/8"~5/8"(約3.2mm~16mm)
ハーフブラインドダブテールジョイント ハーフブラインド ダブテールジョイント 3/8"(約9.5mm) ※
1/2"(約12.7mm)
19/32"(約15.1mm) ※
テールボード:
3/8"~1"(約9.5mm~約25mm) 
ピンボード:
7/16"~1"(約11.1mm~約25mm)
ボックスジョイント ボックスジョイント 3/32"(約2.4mm) ※
3/16"(約4.8mm) ※

3/8"(約9.5mm)
3/4"(約19.1mm)
ピンボード・ソケットボード:
1/8"~1"(約3.2mm~25mm)
またはビットの最大切削深さ
ハーフブラインドボックスジョイント ハーフブラインド ボックスジョイント 3/8"(約9.5mm) 最大1"(約25mm)
※切削深さ+ 約3mm以上推奨。

※別売ビットが必要です。


セット内容 ジグ本体(フレーム・テンプレート)
12.7mm軸 #120-500 ダブテールビット(ハーフブラインド ダブテール用)
12.7mm軸 #80-500 ダブテールビット(フルピッチ スルーダブテール用)
12.7mm軸 #160 ストレートビット(フルピッチ スルーダブテール用)
12.7mm軸 #143-500 ストレートビット(ボックスジョイント/ハーフブラインド ボックスジョイント用)
e10 テンプレートガイドブッシュ
ピンレンチ
ビットデプスゲージ
ブロック 10ヶ
ストップロッド
インストラクションDVD(英語版)
クイックリファレンスストリップ(早見表)
日本語版ユーザーガイド

商品紹介ムービー(音声:英語) (c)LEIGH Industries

※注意※ お手持ちのルーターテーブルにテンプレートガイドブッシュが取り付け可能かご確認ください!

RTJ400は、LEIGH eブッシュを取り付けたルーターテーブルを使用します。
eブッシュは広く使われているポーターケーブルタイプのガイドブッシュと同じサイズです。
お手持ちのルーターテーブルに使用できるか、センターリングのサイズをご確認ください。

取付確認済
KERV デスクトップ・ルーターテーブル DRT4

このブッシュに刻まれた数字目盛の位置でジョイントのきつさ具合を調整します。

<RTJ400の特徴>

RTJ400の最大の特徴は、加工方法。従来のLEIGH ダブテールジグと異なり、ルーターを動かすのではなく、ジグと材料を動かして加工します。
ルーターテーブル上で加工するので、加工個所が観察しやすくなります。

アルミニウム製のテンプレートに施された目的とする穴に、ジグのフレームピンを差し込み固定することで正確、簡単に種々のセットができます。

クランプ可能な材料の長さは最低8cmほど。短い材料で小さな箱づくりも。

ジョイントの目的毎に5枚のクイックリファレンスストリップ(早見表・英語)が用意されています。ビットの選択や加工手順の参考にジグのトップに差し込んでおくことですぐに参照できます。

テンプレートに差し込んで、必要に応じて切り込み深さを制限するストップロッド。

ハーフブラインドのジョイントのきつさ具合を決定するビットの高さ調整は標準付属品のビットデプスゲージで。

ハーフブラインドダブテールは材料をフロントとリアにクランプし、同時にピンとテールボードを加工するシングルパス方式です。

<RTJ400でできるジョイントの種類>

RTJ400では
・フルピッチ・スルーダブテール(5サイズ)
・ハーフピッチスルーダブテール(4サイズ)
・シングルパス・ハーフブラインドダブテール(3サイズ)
・ボックスジョイント(4サイズ)
・ハーフブラインドボックスジョイント(1サイズ・3/8”)
をつくることができます。

<加工見本:フルピッチ スルーダブテールジョイント>

約1-1/2”[80mm]の等間隔のピッチで、板の厚さにマッチした5つのジョイント(ピン)サイズの加工ができます。

ジョイントサイズ 使用ビット
1/4"(約6.35mm) #50-8 ダブテールビット ※
#160 ストレートビット
5/16"(約7.9mm) #60-8 ダブテールビット ※
#160 ストレートビット
3/8"(約9.5mm) #70-8 ダブテールビット ※
#160 ストレートビット
7/16"(約11.1mm) #75-8 ダブテールビット ※
#160 ストレートビット
1/2"(約12.7mm) #80-500 ダブテールビット
#160 ストレートビット

※別売です。

最大加工板厚はテールボードが1”(約25mm)、ピンボードは13/16”(約21mm)です。
 

<加工見本:ハーフピッチ スルーダブテールジョイント>

約3/4”[40mm]の等間隔のピッチで、4つのジョイント(ピン)サイズの加工ができます。

ジョイントサイズ 使用ビット
1/4"(約6.35mm) #50-8 ダブテールビット ※
#140-8 ストレートビット ※
5/16"(約7.9mm) #60-8 ダブテールビット ※
#140-8 ストレートビット ※
3/8"(約9.5mm) #70-8 ダブテールビット ※
#140-8 ストレートビット ※
7/16"(約11.1mm) #75-8 ダブテールビット ※
#140-8 ストレートビット ※

※別売です。

最大加工板厚はテールボードが1”(約25mm)、ピンボードは5/8”(約16mm)です。
 

<加工見本:ハーフブラインド ダブテールジョイント>

同時にピンとテールボードを加工するシングルパスのハーフブラインドダブテールジョイント。
ピッチは約3/4”[40mm]。3つのジョイントサイズの加工ができます。

ジョイントサイズ 使用ビット
3/8"(約9.5mm) #128-500 ダブテールビット ※
1/2"(約12.7mm) #120-500 ダブテールビット
19/32"(約15.1mm) #112-500 ダブテールビット ※

※別売です。

最大加工板厚は1”(約25mm)です。
 

<加工見本:ボックスジョイント>

ボックスジョイントは4つのジョイントサイズの加工ができます。

ジョイントサイズ 使用ビット
3/32"(約2.4mm) ※
#163 HSSストレートビット ※
3/16"(約4.8mm) ※ #166 HSSアップカット・スパイラルビット※
(または #166C 超硬アップカット・スパイラルビット)
3/8"(約9.5mm) #143-500 ストレートビット
3/4"(約19.1mm) #143-500 ストレートビット

※別売です。

最大加工板厚は1"(約25mm)、ビットの最大切削深さにより加工可能な板厚が変わります。
 

<加工見本:ハーフブラインド ボックスジョイント>

3/8” のハーフブラインドボックスジョイント。

ジョイントサイズ 使用ビット
3/8"(約9.5mm) #143-500 ストレートビット
最大加工板厚は1"(約25mm)です。

<RTJ400の粉塵対策>

RTJ400では加工がテーブル上で行われるため、大量の切削粉が発生します。
集じんフードやホースを加工箇所の近くに設置するなど、集じんの対策をしっかり行ってください。

関連商品

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP