関連商品はこちら

Kreg シェルフピンジグ (5mmドリルビット付属)

墨付けも測定も深さ設定も不要。すぐ棚ダボの加工に入れる専用ジグ

品番 T_2887

¥5,508(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
棚ダボ用の穴あけジグです。
棚作りでは、等間隔にたくさんの穴を正しくあけなければなりません。
Kerg シェルフピンジグは、それを簡単迅速、正確におこなえます。
全体のサイズは約192x103mm、厚さ約25mmとコンパクトなので、箱に組み立てた後や既存の家具にも、ある軽度の大きさがあれば棚ダボの穴あけができます。
6連の焼入鋼製のドリルガイドに付属のドリルビット(直径5mmのブラットポイントビット)を差し込み、ふらつかないで穴あけができます。

棚ダボ(差込ダボ棚受)は、市販の差し込み部の径が5mmのものを使用してください。 ダボ穴の間隔は32mm、その整数倍で等間隔に加工できます。

差し込み部の長さは12mmまでです。
取り外しが簡単なフェンス付き。 また、ジグどうしをジョイントさせて長いジグとして構成することもできます。

セット内容 シェルフピンジグ本体 1
セルフスクエアリングアジャスタブルフェンス 1
六角軸付きドリルビット 先端から約12mmの刃径5mm、以降の刃径6.35mm 1
デプスカラ― 1
六角棒レンチ 1
ロケーティングピン 1
ジグエクステンダー(ジグ本体連結用) 1
1/4”スクリュー(ジグ本体連結用) 4

商品紹介ムービー(音声:英語) (c) Kreg Tool

六角軸のドリルビットは対辺幅6.35mm。 後端から窪みの中央までの長さ(左図のA)は約9mmです。

棚作りでは数多くの棚ダボ用の穴を正確にあけなければなりません。

この棚では合計120箇所に棚ダボの穴をあけています。棚作りにはシェルフピンジグが不可欠。

セルフスクエアリングアジャスタブルフェンスを取り付けて木端に平行に穴をあけ、そして、ロケーティングピンで正確なジグの移動ができます。

コンパクトなので、箱に組み立てた後や既存の家具にも、ある軽度の大きさがあれば、小さなドリルドライバーやアングルドリルを使って棚ダボの穴あけができます。

ジグを買い増しすれば、付属のジグエクステンダーと1/4”スクリューでさらに長いジグとして使うことができます。

ジグの裏側ではデプスカラ―を取り付けて深さ調整を行ったり、ドリルビットやロケーティングピンの収納ができます。

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP