HOW TOはこちら

関連商品はこちら

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

トリマーで大小さまざまな「マル」ができる!

品番 T_0095

¥15,278(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
トリマーで、手軽にサークルカット。
材料に小さな穴をあけるだけ。かんたんマル加工をはじめてみませんか?
金属製でガッチリつくられているので、安定した加工ができます。

ボッシュパワートリマー PMR500に加え、サークルカットに便利なコードレストリマーなど、マキタの一部機種にも新たに対応!

モノづくりをサポートするレンタル工房「アトリエールファブ」が生み出した「メイド・イン・キョウト」のオリジナル商品です。

※トリマーは別売りです。

取付け適合確認済み機種
メーカー 機種
ボッシュ PMR500
リョービ MTR-42、TRE-60V 
※7mm厚アダプター使用
マキタ RT40D、RT50D、M371、3707F、3707FC、3709、M373
※3mm厚アダプター使用

※適合性を確認したトリマーのみ、ご案内しております。
ここに記載のないモデルについては適合性について確認をしておりません。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

もっと大きな「マル」をつくりたいなら...。
「トリマル君」の加工できるサイズがひろがる「延長バー」はこちら

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

マキタの一部機種にも対応!
新たに付属した3mm厚アダプターを使用することで、マキタの一部機種の取付けにも対応しました。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

コードレストリマーなら「トリマル君」をグルグル回しても、コードがからまる心配なし!

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

トリマーの固定は、ガイド固定ネジを利用
トリマーベースのストレートガイド固定ネジを使用して固定します。「トリマル君」の台座に、トリマーベースがすっぽりとはまります。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

ボッシュ以外の適合トリマーを固定する時は、「トリマル君」の台座にアダプター(シム)を取付けます。
※3mm厚と7mm厚のアダプターが付属。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

小さな円から大きな円まで
最小は直径約8mm※、最大は直径約320mm。
ボタンサイズの小さなものから、お盆のような大きさまで幅広く対応。
※刃径6mmのストレートビット使用。中心に4mmのセンターピン穴が開きます

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

別売りの延長バーを取り付ければ、半径650mm(直径1300mm)まで無段階に設定可能。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

こんな大きな輪も...。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

丸ホゾもできる!
棒材をタテに固定するジグを作り「トリマル君」で棒の端部に直径30mmの傾斜丸ホゾを加工してみました。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

棒材の木口に、このような丸ホゾが加工できました。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

スツールの脚などに。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

センターピンは、直径4mm、深さ5mm
材料に小さな穴をあけるだけで、ネジ止めする必要はありません。何回でも着脱ができるので、追加の加工も容易です。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

円のサイズがすぐ決められる目盛り付き
材料への罫書き不要!
加工する円の半径(センターピンの中心からビットの中心の距離)を表す目盛り付き。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

目盛りは、センターピンの中心からビットの中心の距離を表しています。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

半径の微調整ができるマイクロアジャスター
つまみを回すと、約5mm以内でトリマーの水平移動が可能。半径の微調整ができます。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

削りすぎを防ぐストッパー
仕上がり半径を設定できるので、段階的に切削する場合などに便利です。
半径が小さくなってしまった、ということも防ぎます。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

簡易トリマーテーブルとしても…
付属パーツの「刃口板」を「トリマル君」に装着。トリマーのストレートガイドを取り付けて作業台などに固定すると、小さなトリマーテーブルに変身。
※簡易的な用途限定です。
※写真の木製サブフェンスは付属しません。

KGII トリマーサークルカットジグ「トリマル君」

「アトリエールファブ」について
京都にあるモノづくりをサポートするレンタル工房。工作体験イベントや発明サポートなども行っています。

★ウェブサイトはこちら(外部サイトに移動します)

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(4.50/全2件)

2件のレビューがあります。

円形の工作には必需品です。延長アダプタ無しで直径50cm迄可能。集塵用アダプタも作成。

投稿者:sarusuberi  投稿日時:2020/12/22 14:36:09

おすすめ度:

コンパスの腕の役割としては一寸高いなあとは思いましたが、茶道具を中心として円形物の工作効率を上げようと入手し、高儀トリマ(TR-100)で使ってますが、大正解でした。また、簡易トリマーテーブルとしても秀逸で、簡単に蟻溝工作が出来ました。下記の様な工作に使ってます。

★板の円形切り(山用や野点用テーブルにコンロ用開口開け、山用ガスボンベの革カバー作成の絞り工作ジグ、茶入れ用中蓋切り 等多数)
事例 ☆山用テーブル:https://mitene.works/?p=1810 (蟻溝工作も)
   ☆野点用テーブル:https://mitene.works/?p=1839
   ☆茶入用中蓋:https://mitene.works/?p=1820

★階段状に掘り下げて行き、円錐台や大きな円形窪みを彫る(トリマ後の整形が大仕事ではありますが)
事例 ☆組紐台の丸台板や鏡板:https://mitene.works/?p=1850

★超長尺ビットを使って筒状入れ物や蓋物の作成(中央部はドリル削孔で)
事例 ☆直径9cm,高さ11cmの水指:https://mitene.works/?p=1891
   ☆茶入れ(本体高4cm 蓋2cm):https://mitene.works/?p=1919
(上記の事例はオフの姉妹サイト「mitene」で公開中です)



★★トリマル君の通常使い方(3,960円の延長バーを使わずに)では最大直径32cm迄と謳ってますが、センターピンの付いてあるスライド部を反対方向に付け替えると約50cm弱位までの直径工作が出来ます(所定仕様以外の方法ですから自己責任で。一応センターピンがガイドバーからはみ出さない範囲にしてます。)
この方法と、上記の階段状切削、超長尺ビット使用の方法を組み合わせると、蕎麦打ち用こね鉢(外径48cm,高さ12cm程度のモノ)の製作が出来そうな感じです。トリマ施工以降の整形作業は大変ですが。本来は木工旋盤(しかも大型かアウトボード可能タイプ)の世界ですが、旋盤無しで理屈上は出来そうです。

★それで、こね鉢そのものではなく、ステンレスこね鉢の受け台(直径50cm)を、上記方法で作ってみました。詳しくは下記を参照されたし
https://mitene.works/?p=2000
(上記の事例はオフの姉妹サイト「mitene」で公開中です)



★★屋内で「トリマル君」使うことを考えて、切子集塵のためのホース接続アダプタを自作しました。素人工作なので、曲げて穴を開けたアクリル板には半田コテや接着材の補修跡がアチコチ目立ちますが、機能上はチャンと吸ってくれます。メーカーさん格好良いのを作られたら売れると思いますがね。

★詳しい作り方などはこちら(オフの姉妹サイト「mitene」で公開中です)
https://mitene.works/?p=1959


簡単!

投稿者:Silvy  投稿日時:2020/01/01 21:15:41

おすすめ度:

トリマーで円型にカットする機会が多い人は
トリマー付属のガイドを使ったりベニア板で定規を
作るよりは簡単でそれなりの精度は出ているので便利。

ただ…微調整時に二つのツマミを緩めるのが少し大変。
小さいし固いし…改良してもらえれば嬉しい。。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP