関連商品はこちら

NEW

OTORO Fクランプ 300

機能性を探求するOTOROデザインから新たに誕生したFunctionality(機能性)豊かなFクランプ

品番 AA1010_030

¥2,380(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
製品情報
最大開き:約300mm
フトコロ:約95mm
ジョーパッド寸法:約33mm×28mm
重量:約540g
締付力:約200kg
<軽作業用>


シンプル発想とシンプルデザインが生み出す豊かな機能性。FunctionalityのFクランプです。 背中のノブを回すとジョーが開閉する、ありそうでなかった操作性。
細身で邪魔なハンドルがないクランプは、様々なものづくりの現場で活躍すること請け合いです。

ここが機能的

① 狭いところや壁際、複数のクランプが交差する状況でも楽に的確に圧締できる
ジョー先端のクランプ地点に突き出した部分がない上に、全体的に細身で、しかもフトコロが約95mmあり、障害物の多い状況でも、まるで指でつまむように的確に圧締します。

【使用例】(OTORO Fクランプ200と300を併用している例も含みます)

机の抽斗(ひきだし)の吊り桟の固定

箪笥の抽斗の摺り桟の修理

木工機械のゲージへのストッパーの固定

小さなスツールフレームの組み立て

② 人間工学的に優れた操作ノブ
適度な大きさと掴みやすい形のノブは軽い力で回すことができ、微調整もしやすい。
また、ジョーの背面にあることにより、様々な状況で手が届きやすい。

【使用例】

ワークベンチへの板材の固定

ワークベンチへの面材の固定

オーバルボックスの接着

③ 安定性の高いジョーパッド
ジョーパッドの可動性能は固定ジョー側の一軸方向のみ。一般的なFクランプのようにグリップに連動してジョーパッドが回転することがないので、接着面が滑ってずれてしまうことがありません。また、ある程度の斜面は言うに及ばず、不安定な曲面や僅かな圧締面でもしっかり固定。パッドの端っこだけで掴むことさえできます。

【実験-ジョーパッドの安定性】

木の丸棒を交差させてクランプ。棒を持って持ち上げても全くぐらつきません。

5mm厚の板2枚を幅接ぎ。しかも敢えてパッドの端っこで掴んでみました。外れる気配なし。

【使用例】

小さなスツール(四方転び)の組み立て

椅子の湾曲した笠木の仮止め

収納家具背面の連結仮止め

家具模型の接着

④ 逆転の発想 ― 圧締操作の仕組み
バーをスライドするジョーを「スライドジョー」、バーの一端に固定されているジョーを「固定ジョー」と呼ぶとき、一般的なFクランプではスライドジョーの先端にハンドル・スクリュー・ボールジョイントパッドが付いていますが、このOTORO Fクランプでは固定ジョーに圧締の仕組みが盛り込まれています。
固定ジョーの背中のノブを回転することによりジョーが傾斜するという、シンプルな動きがその肝です。

■固定ジョーの根元関節の可動域
バーに対して直角を0°とするとき、最大約14°まで傾斜。ジョーの先端の移動距離にして約21mm。

■固定ジョーの先端部(パッド)の可動域(一軸方向のみ)
外側に約13.5°
内側に約17.5°

関連商品

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP