HOW TOはこちら

関連商品はこちら

ARBORTECH ターボシャフト

通常では届かない場所にも対応できるカービングツール

品番 T_00341

¥12,990(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
ディスクグラインダーで、
・彫刻の細かな部分の切削
・文字掘り(レタリング)
・テンプレートを使った加工
など、様々な場面で使えるカービングアイテムです。

軸径約20mm、長さ約85mmの軸の先端に2枚の超硬チップが取り付けられています。
普通の刃ではとても届かないような奥まった場所や細い穴にも、ターボシャフトなら対応可能。
付属のデプスゲージは切削深さを一定に保つためのストッパーに。ターボシャフトに固定して使用できます。

超硬チップは切れなくなったら新しいエッジに回転させたり、取り替えることもできます。

<本商品のご使用について>
本商品は、以下の条件を満たすディスクグラインダーでご使用いただけます。

①M10ネジのディスクグラインダー
・主軸底部直径17mm以上・主軸長さ16mm以上のもの
・商品に付属のアダプターを取り付けて使用します。
詳細についてはこちら

②M14ネジのディスクグラインダー
・アダプターを介さずに直接グラインダーに取り付けます。

取付確認済機種
マキタ: 9533/GA402D/GA4033/GA412D/GA418D/GA4041C
アースマン:DGR-110SCA

※必ずサイドハンドルを付けて、両手でしっかりと保持した状態でご使用ください。

セット内容 ターボシャフト本体
超硬チップ 2個(ターボシャフト本体に装着済)
デプスゲージ
M14-M10 アダプター
六角棒レンチ
トルクスレンチ

(C)ARBORTECH

フリーハンドで文字彫り(レタリング)加工に。

自作のテンプレートと付属のデプスゲージを使って倣い加工。
最初からテンプレートに接触させるとテンプレートを削ってしまうので、カッターが触れなくなるまで彫り込んでからテンプレートに接触させて加工します。

狭くて深い、そして底を平らにしたい穴の加工はターボシャフトが本領を発揮します!
最初に浅く掘った穴の輪郭がテンプレート代わりになります。

ターボシャフトで削った後に別売のARBORTECH コンターサンダーで仕上げたバードフィーダー。

主軸底部直径17mm以上・主軸長さ16mm以上のM10軸のディスクグラインダーにはアダプターを用いて取り付けることができます。
※バッキングフランジやスペーサーは使用しないでください。
※アダプターを取り付ける際は、工具を使用せず手で締めてください。

先端には超硬チップが2個取り付けられていて、回転させて新しい面を出したり、交換することもできます。

※新品の状態ではシャフトやデプスゲージの塗装が材料の接触面やテンプレートに移って黒く汚してしまうことがありますが、この跡はサンディングで取ることができます。

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP