KERV トップベアリングパターンビット一覧

テンプレート通りの形に倣い加工する「トップベアリングパターンビット」の詳細と一覧です。

特徴

トップベアリングパターンビットは、用意したテンプレート(型)を材料の上にセットし、テンプレートと同じ形に削ることができるビットです。

 

トリマーやルーターにビットを取り付けて手持ち加工をすると上側にベアリングが来ることから「トップベアリング」と呼ばれています。

逆目を避けてささくれ防止

 

フラッシュトリムビットとトップベアリングパターンビットは同じ「テンプレート通りに削る」ビットですが、ベアリングの位置が異なります。

特に材料の全周を削るような使い方をする場合、一方のビットで逆目になってしまう部分をもう一方のビットで加工することで、テンプレートを外さずにささくれを防ぎながら加工することができます。

傾斜刃(アップカット・ダウンカット)とは

 

刃がわずかに傾いて付いているビットはその傾いている方向によって、利用シーンが異なります。

 

アップカットはルーターテーブル・トリマーテーブルで使用すると材料をテーブルに押さえる力が発生し安定して作業できます。

ダウンカットはルーター・トリマーを手持ちで使用するときに下に押さえる力が発生するため、安定した作業ができます。

ワンポイントアドバイス 方向の違いについて
アップカット刃 アップカット刃はルーターを手持ちで使用する場合、切削屑をスピーディーにすくい出す形状です。材料そのものも引き上げる力が発生しますので、材料をしっかり固定する必要があります。ルーターをルーターテーブルにセットして使用する場合は、その逆となり切削屑も材料もテーブル面に引き付けられるようになります。
ダウンカット刃 ダウンカット刃はルーターを手持ちで使用する場合、切削屑を下方に送り出す形状です。そのため切削屑の排出はアップカット刃ほどスピーディーではありません。材料そのものも作業台へ押し付ける力が発生しますので安定した作業ができます。材料の端面や穴のフチ加工などで欠けやすい心配がある時はダウンカットが安心です。
特徴・加工例を動画で紹介!

 

サイズ一覧
ストレート刃・プランジ刃なし
品番 イメージ 刃径(A) 刃長(B) 軸径(C) 軸部(D)  
K152_606 12.7mm 19mm 6mm 32mm
K152_609 15.9mm 25.4mm 6mm 32mm
K152_618 19mm 31.8mm 6mm 32mm
K152_222 19.1mm 38mm 12mm 36.7mm
K152_251 32mm 38.1mm 12mm 38mm

 

傾斜刃・プランジ刃なし
品番 イメージ 刃径(A) 刃長(B) 軸径(C) 軸部(D) 方向  
K123_630B 12.7mm 25.4mm 6mm 32mm ダウン
K123_630BUP 12.7mm 25.4mm 6mm 32mm アップ
傾斜刃・プランジ刃あり
品番 イメージ 刃径(A) 刃長(B) 軸径(C) 軸部(D) 方向  
K123_625B_1 12.7mm 19.1mm 6mm 32mm ダウン

PAGETOP