砥石の偏心とドレッシングについて

どんなグラインダーでも使い始める前に必ず砥石の偏芯の修正が必要です。
砥石の穴とモーターのシャフトとの間にわずかな公差が存在します。
ダイヤモンドドレッサーなどで偏芯を修正すれば砥石面でツールがバウンドすることなく安定したシャープニングが行えます。

また、シャープニングを繰り返し行っていくと、ほとんどの場合砥石幅の真ん中(中心付近)が減り凹んできます。
中心が低く両サイドが飛び出している状態の砥石では刃先が左右対称にならなかったり、上手く砥げないこともありますのでマメにダイヤモンドドレッサーで平らな面になるようにドレッシングしましょう。

このHOW TOで紹介した商品

PAGETOP