ルーターベースプレートのすすめ

LEIGH ダブテールジグでルーターベースプレートを使う!

LEIGHジグを使うために…

LEIGHジグ(D4R ProおよびSuper Jigシリーズ)でダブテールジョイントの加工をするには、必ず付属のLEIGH純正ガイドブッシュを使用します。
この純正ガイドブッシュをルーターに取り付けるためには2種類の方法があります。

1つはLEIGH 取り付けアダプターを使う方法(A)
もう1つはルーターベースプレートを使う方法です。(B)

ルーターベースプレートって?

今回、ガイドブッシュの取り付けにはLEIGHのアダプターの代わりに“KERVユニバーサルルーターベースプレート(国内ルーター用)”を使用してみました。

こちらはみなさんがお持ちの可能性が高い国内の主要なルーターに、穴あけ加工一切なしでポンづけできるオフ別注のナイスアイテム!
(マキタRP2301FC、マキタRP1801、日立M12V2、日立M12SA2、日立M12VE、日立M12SE、BOSCH 1613AEVS、BOSCH 1617(プランジベース用)と多数の機種に対応。)

また、センターホールにはLEIGHのガイドブッシュがジャストフィットで装着可能です。



ルーターベースプレート(国内ルーター用)対応ルーター
※一部の海外ルーターにもご使用頂けます。
メーカー 機種
日立 M12V2、M12SA2、M12VE、M12SE
マキタ RP2301FC ※1 、RP1801
BOSCH 1613AEVS、1617(プランジベース用)

※1 底部に突起部のあるルーターは、その当たる箇所にドリルで窪みを付ける等、突起部が干渉しないようにしてください。
※2 マキタ 3612C、RP0910 日立 M8SA2、M8V2には、海外用のルーターベースプレート(T-0980)をご用意しております。

 

日立のM12V2に取り付けてみました。
きっちりセンターに取り付けができるよう6mm軸アライメントピンも付属。
ルーターに固定するための取り付け穴は、位置微調整ができるように座ぐり穴(平底)になっています。
ルーターのサブベース(写真左手の黒い樹脂プレート)の固定に用いていた皿ネジは使用できませんので、こちらのねじをご用意しましたのでぜひご利用ください。

別売ネジのご案内

M4×12mm(トラス小ねじ)
マキタRP2301FC、マキタRP1801に対応確認済み

M5×12mm(なべ小ねじ)
日立M12V2、日立M12SA2、日立M12VE、日立M12SEに対応確認済み

実際に使ってみよう!

で、いざLEIGHジグの加工をやってみると・・・

透明ポリカーボネートなので今まさに切削している箇所が目視可能で、削り残しがないかの確認もしやすくとっても作業がしやすい!

自分は今どこを削っているのかと手さぐりでルーターを運ぶのと違い、より安心、より安全に作業可能、おすすめです。

機種にあわせて選べる!

海外メーカーのルーター(インチ仕様)や上記以外のその他の国内ルーターをお持ちの方はこちらをチェックしてみてください。

“ユニバーサルルータープレート(海外ルーター用)”
こちらはと1/4インチ(6.35mm)のアライメントピンと4種のインチネジが付属。
多数の海外ルーターに対応しています。

対応ルーター ※一部の国内ルーターにもご使用頂けます。
メーカー 機種
Porter Cable 690series、7529、8529
RYOBI R-502S ※1
BOSCH 1615、1617(固定ベースのみ)、1618
MAKITA RF1101、 3612、3612C ※1 、 RP0910 ※1
Sears 315 275 000、315 175 040、315 175 050、
315 175 060、315 175 070、315 275 100、315 275 110
Fein FT 1800
Milwaukee 5615、5616、5619
Freud FT2000E
HITACHI M8 ※1 、M8SA2 ※1 、M8V2 ※1
Elu 177
Dewalt 621、625、616series、618series

※1 ルーターのサブベースの固定位置ではなく、アダプター取り付け位置に2本のネジで固定します。
※2 底部に突起部のあるルーターは、その当たる箇所にドリルで窪みを付ける等、突起部が干渉しないようにしてください。
※3 RYOBI R-330Sは取り付けできません。
※4 MAKITA RP2301FC、RP1801、HITACHI M12VE、M12SE、M12V2、M12SA2には、国内用のルーターベースプレートをご用意しております。

PAGETOP