関連商品はこちら

POWERMATIC 500mm 自動カンナ盤 209HH用 デジタルスケール

品番 T_3516_02

¥20,167(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
POWERMATIC 209HH 自動カンナ盤の切削深さスケールを、デジタルスケールにグレードアップさせることができるセットです。
専用に作られているため、穴あけ加工なども必要なしに取り付けできます。

このデジタルスケールの最大の特徴は測定方法の切り替えが可能なところ。
材料の厚みまたはテーブルからカッターヘッドまでの距離を表示する絶対値モード(ABS)と、現在の材料の厚みをゼロとしてこれから切削する量を測定する相対値モード(INC)の切り替えが可能です。

他にも基本的な機能であるインチ/ミリの切り替え、カッターヘッドの位置を動かしても数値を保存しておくホールド機能が付いています。
POWERMATIC 209HH用 デジタルスケール 仕様
読み取り精度 0.01mm
最少表示 0.01mm(メトリック) / 0.0005″(インチ)
測定範囲 230mm(メトリック) / 9″(インチ)
再現性 0.01mm
電源 酸化銀ボタン電池1個、SR44、1.55V
作業環境 気温0~40℃、湿度80%以下の環境で使用してください。
標準付属品 日本語取扱説明書

※商品の仕様は改良の為、予告なく変更する場合がございます。

このデジタルスケールでは、絶対値モードと相対値モードを切り替えて使用できます。

絶対値モード(ABS)
切削後の材料の厚みまたはテーブルからカッターヘッドまでの距離を表示させたい場合に使用します。

相対値モード(INC)
カンナ掛けした直後の今の材料の厚みを(ゼロ)基準に、これから切削しようとする切削量を表示したい場合に使用します。

関連商品

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP