yosseeさんのレビュー一覧

1 ~ 6 件目を表示しています。(全6件)

スタイラスの替えペン先について

投稿日時:2021/03/30 21:14:36

レビュー対象商品:★ タブレットスタイラス クローム

おすすめ度:

スタイラスを作ったのですが、先端のゴムがダメになり、ネットで安い、替えペン先を探したのですが、見つかりません。そちらで、購入すればいいのですが、少し高い。ネジが5mmならいくらでもあるのですが、4mmは見つからない。ネジを、5mmにしてもらうと、ランニングコストが、安くなる、導電性の先端で、1個100円くらいであります。4mmの先端を1個100円くらいで販売していただけるならいいのですが、2個目を作るのをためらいます。ネジの部分だけ、別の金物に、変えることもできますが、(100個千円のローレットのネジが、ピッタリですが、大きさにばらつきがあり、接着しなくてはならないものもあります)できるなら専用のパーツがいいです。先端のネジを5mmのペンにしていただけると、助かります。
デザインは好きです。

【お店からのコメント】
この度は貴重なご意見を頂きまして誠にありがとうございます。
お客様から頂いたご意見につきましては、今後の検討課題とさせていただきます。

ゴムグリップについて

投稿日時:2021/03/30 20:52:16

レビュー対象商品:★ コンフォート(回転式ボールペン)チタン/金色

おすすめ度:

このペンを、作ったのですが、家族からこのゴムグリップは、せっかくの、木のぬくもりを、台無しにしているとの、感想をもらいました。確かに、安っぽい感じ、ゴムグリップを好む方は、メーカー製のペンを購入下ほうが良いかもしれません。そこで、一回分解して、黒い部分を黒檀で作り、デザイン的には、同じように2トーンになりました。やはり、木のほうが、はるかに、高級に見えます。
また、ゴムグリップは、劣化するので、交換の予備パーツも販売したほうが良いのではないですか。
プラスチックのグリップでもいいかもしれません。
パーツはチタンなので、高級で、好きです。

【お店からのコメント】
この度は貴重なご意見を頂きまして誠にありがとうございます。
お客様から頂いたご意見につきましては、今後の検討課題とさせていただきます。

ペンのクリップについて

投稿日時:2021/02/25 22:15:43

レビュー対象商品:★ クリック(ノック式ボールペン)クローム ニードルポイント 【漢字書くならこれ!】

おすすめ度:

このペンは、ワンピースにも似て、自由度が高く、面白いペンがつくれますが、ただ、クリップの形状により、ワンピースのように、少し太めの軸のペンが、作れません。クリップの形状をワンピースのように、変えていただくと、太めの軸のペンも作成出来つようになるのではと思います。

【お店からのコメント】
この度は貴重なご意見を頂きまして誠にありがとうございます。
お客様から頂いたご意見につきましては、今後の検討課題とさせていただきます。

ペン金具のメッキの種類について

投稿日時:2021/02/25 22:03:57

レビュー対象商品:★ ワンピース(ノック式ボールペン)クローム

おすすめ度:

ワンピースは、クリップの形に制限されることなく、軸デザインの自由度が高く、面白いぺんを、作ることができるので、気にいっています。
ただ、金具のメッキが、クロームしかなく、金メッキの金具も、シリーズに入れてもらえれば、面白くなるのではと、思います。
ファンラインのように、数種類あれば、なお楽しく、ぺんを作れます。

【お店からのコメント】
この度は貴重なご意見を頂きまして誠にありがとうございます。
お客様から頂いたご意見につきましては、今後の検討課題とさせていただきます。

ペン軸中央のリングについて

投稿日時:2021/02/25 21:52:55

レビュー対象商品:★ ファンライン(回転式ボールペン)24K

おすすめ度:

ファンラインは、ペン金具の価格も安く、デザインもそれなりに気にいっていますが、軸の真ん中のリングが、小さく、軸加工のデザインが、制限されます。太めのリングのものも、シリーズの中に、入れてもらうと、もう少し、太めの軸のペンも作成できて、軸デザインのバリエーションが広がり、面白くなるのではと、思います。

【お店からのコメント】
この度は貴重なご意見を頂きまして誠にありがとうございます。
お客様から頂いたご意見につきましては、今後の検討課題とさせていただきます。

ペン木地に貫通穴を垂直に開ける

投稿日時:2021/02/24 22:14:17

レビュー対象商品:クイックアクションペン生地バイス

おすすめ度:

今まで、ペン木地ドリルバイスを使っていましたが、ワンピースなどの、長い木地の穴あけだと、貫通穴が、斜めになっていましたが、これは、ほぼ中心に、貫通穴を開けることができます。
ボールバンに、縦方向に、バイスで固定して、使っています。
支柱から、中心までの長さを合わせておくと、横方向は、テーブルを回転して中心を合わせるだけで、素早く中心に合わせることができます(芯だし)。ボールバンのストロークが、短くても、上下させるだけで、垂直に貫通できます。
若干は斜めになるが、ほぼ中心に貫通穴を開けることができます。切りさきに溜まった、切削くずを、木地が割れないように排出するのは、少し面倒です。これは、ペン木地ドリルバイスを使っても一緒です。
ちょっと大きいけれど、ペン木地ドリルバイスより、こちらがお勧めです。

PAGETOP