『1ステージ集じん』の欠点をすべて解決!『2ステージサイクロン集じん』っていったい何?

サイクロン集じんのいいところを紹介!

1ステージタイプの集じん機やクリーナーを『2ステージサイクロン集じん』にするダスト・デピュティー。
「サイクロンってすごそうだけど、いったいどんな効果があるの?」という疑問にお答えします!
『1ステージ集じん』の欠点をすべて解決!『2ステージサイクロン集じん』っていったい何?

通常のクリーナーはモーター・回収タンク・フィルターが1つのパッケージになっている「1ステージ集じん機」です。

コンパクトボディで使い勝手が良いのですが、
・回収タンクが小さいから、ゴミ捨て頻度が多い。
・回収タンクとフィルターが近いから、不衛生。
・フィルター詰まりがおこりやすく、機械に負荷がかかる。
などの欠点がありました。

 

そこで、サイクロン集じんのOneida ダスト・デピュティーの出番です。

ダスト・デピュティーは、コーン型のサイクロンパーツと、大きなバケツドラムの2つで構成されています。
ダスト・デピュティーを粉じんと掃除機の間に取り付けて、吸ってみることにしましょう。

まず、吸い込んだ粉じんはサイクロンパーツに入ります。内部で発生する強力な遠心力のはたらきにより、内部でぐるぐると回転しながらドラム内に落下します。(これが、「サイクロン」=「竜巻」の由来です。)

約99%の粉じんはドラム内に捕らえられ、残りの微細な粉じんと空気だけが煙突部分を駆け上がるので、クリーナー内に入る粉塵はほんのわずか。

サイクロン集じんは回収タンクが2つになることから、「2ステージ集じん」とも呼ばれますが、「ただ粉じんを吸い込むこと」以上のメリットが非常に多いため、高効率な粉じん回収を必要とする大型工場などでは必須の設備となっています。

『2ステージサイクロン集じん』のココがイイ ダスト・デピュティーで得られる、3つのいいこと。

ゴミ捨てがとっても簡単

 

99%の粉じんはダストデピュティーの大容量ドラム内に溜まるので、クリーナーにはほとんどゴミがたまりません。いつものゴミ捨てはドラムだけで済むので、とっても簡単。容量も大きいので、ゴミ捨ての回数も減ってらくちん。

いまよりもっとキレイ
いつも清潔な工房環境に!

 

クリーナーに入る粉じん量がごくわずかなので、フィルターの目詰まりの回数が少なくなります。
とても面倒なフィルター掃除の手間が省け、衛生的な排気環境。まさに一石二鳥です。

クリーナーを「活かし」て「守る」

 

クリーナーは粉塵の溜まっていない状態で動き続けるから、いつも安定した力を発揮することができます。クリーナーに対する負荷も減るため、機械自体の寿命も延ばせます。

このHOW TOで紹介した商品

PAGETOP