デジタル・ハイトゲージ スナップチェッカー

スプリング内蔵で測定物を追従

品番 T_0037

¥2,954(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
片持ち式のハイトゲージ。

最大の特徴は測定部のプランジャーにスプリングが内蔵されていること。
ルーターテーブルに取り付けたビットの突き出し高さを調整したい時、スナップチェッカーならプランジャーがビットにぴったり追従するため、調整と測定を同時に行うことができます。
立たせて使うのはもちろん、平らなため横に寝かせて使うこともできます。

ルータービットの突き出し調整、フェンスのセッティング、テーブルソーの刃高調整、手押しカンナ盤のインフィード/アウトフィードの差の調整などに。

大きな液晶表示は15x50mmと見やすく、ミリ、インチ、分数表示のインチの3種類に切り替えできます。
電池はCR2032。交換用の1個を含め2個付属しています。

【仕様変更のお知らせ】
変更内容:ハンドルと測定部の付け根にサムスクリューが追加され、これを緩めると測定部を外すことができるようになりました。
※写真は一部旧仕様のものを使用しています。


デジタルスナップチェッカー 仕様
読み取り精度 0.025mm
最少表示 0.01mm
測定範囲 -7mm~52mm(先端部がボールチップの場合は-12mm~48mm)
電源 CR2032 1個、3V
本体寸法 幅約20.5cm×高さ約15cm×幅約2cm
標準付属品 電池2個
その他 自動電源オフ(約5分30秒)

※商品の仕様は改良の為、予告なく変更する場合がございます。



ハンドルが付け替えられて便利に!!
ハンドルのサムスクリューをゆるめて下に引き抜くと、右側に付け替えることができるようになりました。

ハンドルを右側に付け替えました。測定する箇所に合わせて、液晶表示が見やすい向きで使用できます。

測定値はミリとインチ、そして分数表示のインチの表示に切り替えることができます。
材料の厚さを分数表示のインチでセッティングする必要があるジグ等に便利な機能です。

ミリ表示の例。
ボタン左:電源のオン・オフ
ボタン中央:表示切替(ミリ→インチ→インチの分数表示)
ボタン右:ゼロ設定

インチ表示の例。

インチの分数表示の例。

測定部のプランジャーは、スプリングにより測定物の上下移動に滑らかに追従できます。 ですから測定の間、手でプランジャーのヘッドを絶えず押さえつけている必要はありません。

フレームの底面には3個のマグネット付き。マグネットが付くテーブル等で使う場合は両手を自由に使えます。

測定先端部はフラットな径6.5mmのディスク型(写真右)とボールチップ(写真左)の2種類。取り替え可能な金属製。

電池は本体の裏側から引き出して交換できます。

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(5.00/全1件)

1件のレビューがあります。

片足立ちのデプスゲージ

投稿者:Digital Caiiper  投稿日時:2017/05/29 23:58:04

おすすめ度:

両足立ちのデジタルデプスゲージT-1837(¥2,551)も持っています、刃が出て行くときにはOKですが、引っ込むときには数値が追随しません。
本製品は引っ込むときにも追随します。アラレ組もできる多機能トリマーテーブルを自作しましたが、このデプスゲージを利用するために天板をt=3mmステンレスではなく磁石にくっ付く鉄板で作りました。機能はバッチリ、とても重宝しています。
ではT-1837はお蔵入りかというとそうではありません。トリマー単体として使うときには、この製品は役立ちません。トリマーのベースプレートに乗らないからです。
したがって適材適所で2つのデプスゲージを使い分けています。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP