関連商品はこちら

Veritas マークII ホーニングガイド

品番 T_2386

¥7,700(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
Veritas マークII ホーニングガイドのセールスポイントは、ブレードの角度に応じて、おおまかに3ポジションが選べること。

二つ目は、ブレードの厚さが日本のカンナのようにテーパー状であっても対応可能、左右非対称形のブレードでも対応可能というスグレモノ。
ホーニングガイドを使うことで、ツールを単に早く研ぐだけではなく、エッジの研ぎ直しを不要とし、研ぎ減らす量自体を減少させることができます。

細いノミなら約6mmから、幅の広いカンナなら約70mmまで取り付けできます。
最大厚さは約12mmまで。

※使い込んだノミや、砥ぎ減りしたノミなどは取り付けができない場合があります。

商品紹介ムービー(音声:英語) (c) Veritas Tools Inc.

ブレード取付けジグを横からスライドしてガイドボデーに取り付けます。
希望するベベルアングルのセッティングは、ジグの目盛りにポインターを合わせるだけなので簡単です。

セッティングが終わったら、全体をひっくり返して、ブレードを挿し込んで固定します。

ローラーと刃先が浮かないようにしっかりと持って研いでいきます。
ローラーが角度を保持しているため、刃物が常に砥石に接触している状態を保つことができ、しっかりとしたフラット面を作ることができます。

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(5.00/全1件)

1件のレビューがあります。

高価だが最高の性能!

投稿者:Digital Caiiper  投稿日時:2016/11/02 23:35:18

おすすめ度:

ホーニングガイドはいろいろな製品が販売されています。ロールスロイスクラスのリーニールセン製などは日本製(中国で生産されているのではないか)の1200円ぐらいのものと全く変わりないのにとんでもない価格です。(20倍ぐらいします)
それに比べるとなかなか高価ながらも素晴らしい設計によるこの製品、とても安定して研ぐことができ(とにかくローラー幅がとんでもなく広い)角度目盛りがプリセットであり、とても便利で使いやすい。veritasの製品設計の良心を感じます。
しかもマイクロべベル設定(1〜2°角度を大きくできる)は絶妙で、西洋カンナの全身鋼である刃では不可欠の機能です。が、しかし常三郎の西洋カンナ刃(青紙1号鋼と地金の貼り合わせ)では不要なものの、veritasに標準装備のA4鋼にとっては素晴らしい機能です。
買ってよかった。私はOFF Corporationやveritasの回し者ではありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP