関連商品はこちら

NEW

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

いわば先の曲がった繰(くり)小刀
左手で持った時に刃が手前に来る、左勝手仕様

品番 T_0582L

¥4,180(税込)

数量:

在庫あり ○
お気に入りリストに追加
その名の通りスプーンのような窪みを削るのに適したナイフ。
細身で絶妙な曲線を描くブレードは、多様なニュアンスの凹曲面を表現するのに重宝します。
匙や杓子だけでなく、小鉢、皿などの浅めの器、彫刻作品制作にも活躍します。
片刃タイプで、右刃(ライト)・左刃(レフト)があります。

刀身(ブレード)の形状 片刃(左)
刃(エッジ)の形状 片刃
刃長 [mm] 60
刃幅(先-元)[mm] 4-12
刃厚[mm] 2
柄長さ [mm] 200
全長 [mm] 260
刃素材 ブロミンバナジウム鋼
柄素材 オーク
付属品 レザーシース(牛革製)



商品紹介動画



Beaver Craftのスプーンカービングナイフ7アイテム

BeaverCraftのスプーンカービングナイフは全7種類。
いずれも湾曲したナイフの外側に鎬(しのぎ)すなわち砥ぎ面があり、内側は平らになっています。
凹曲面に沿わせてながら適度な切削角を保ちやすく、操作によって粗削りにも仕上削りにも対応できる刃の形状になっているのです。

7種類のナイフ
並び順は下表に一致します
品番 T_0579R T_0579L T_0583 T_0582R T_0582L T_0580 T_0581
略称 R12.5mm
RH (ライト)
R12.5mm
LH (レフト)
ディープカット オープンカーブ
RH (ライト)
オープンカーブ
LH (レフト)
ロングハンドル ラージ
ブレード曲線 スワンネック型 スワンネック型 しずく型 J 型 J 型 スワンネック型 皿型
曲率半径
[mm]
12.5 12.5 12.5 15 45
刀身(ブレード)の
形状
片刃(右) 片刃(左) 諸刃 片刃(右) 片刃(左) 諸刃 諸刃
刃長
[mm]
50 50 55 60 60 65 105
柄の長さ
[mm]
105 105 200 200 200 300 300
主な作例 ティースプーン・テーブルスプーン・
計量スプーン・小鉢
スプーン各種コップ(ククサ)・鉢 テーブルスプーン・デザートスプーン・
サラダサーバー・豆皿
お玉・コップ(ククサ)・サバ―スプーン・鉢 皿・盛器・ターナー・サラダサーバー


柄の長さ比較



多様で繊細な曲面削り

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

J型の魅力
根元から半分ほどはストレートで、その後先端に向かって緩やかにカーブし、アルファベットの「J」のような絶妙な曲線を描いています。
細身で先端に向かって徐々に細くなるブレードは、先の曲がった繰(くり)小刀のように、細やかに取り回すことができ、多様なニュアンスの凹曲面を表現するのに重宝します。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

基本の持ち方
刃を手前に向けて引き寄せるように削るのが基本の形。
この時、左手で持つように設計されているのが「レフト」です。
粗削りの段階では、木材の繊維方向を横切るように、いわゆる横摺りにします。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

両手持ちで力強い切削
被加工材を万力などで固定し、両手を使って力強く削ることもできます。
操作の仕方は以下の2通り。
① 刃に近い手を支点として、柄尻側の手で操作する。
② 刃に近い手で切削を担い、柄尻側の手で角度を保持する。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

片刃の持ち味
刃の背を指で押すことができるので、ストレートナイフのような感覚で安定した削りができます。
ナイフを押して凹曲面を削る場合、右刃(ライト)は左利きに、左刃(レフト)は右利きに適しています。
写真は左刃(レフト)を右手で持ち、左手の親指で刃の背を押している様子です。
木材の繊維方向に合わせて押し削り・引き削りできるよう、左右両方用意するのがおすすめです。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

裏ワザ!刃を裏返して緩やかな凸曲面削り
刃を裏返してカーブの内側の面を被加工面に沿わせて凸曲面も削れます。
スプーンの背面や柄などの仕上げ削りに便利。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

刃砥ぎについてのアドバイス
作業の合間にこまめに切れ味を改善させたい時には、革砥とコンパウンドで研磨するのが便利です。 BEAVERCRAFT社のパドルストロップは柄付きでしかも大判なのでおすすめです。
刃(エッジ)の向きと逆方向に動かすことが肝要です。刃の方向に動かすと革に食い込んでしまいます。

しっかりと研ぎ直しが必要な場合は一般的な水砥や油砥、またはダイヤモンド砥石をご使用ください。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

内側を研ぐ時には、同じくBEAVERCRAFTのパドルストロップ(スプーンナイフ用)が便利です。
より曲面の合った革砥を自作されるとなおよいでしょう。

詳細についてはパドルストロップ(スプーンナイフ用)のページをご参照ください。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

革製の専用シースが標準付属
保管時のブレードの保護は重要。
特殊な形状のブレードなので専用シースはうれしい付属品。

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付



Beaver Craftのおはなし

Beaver Craft スプーンカービングナイフ・オープンカーブ LH (レフト) シース付

ウクライナ発のハンドカービングツールメーカー、Beaver Craft(ビーバークラフト)。
創立2014年の若いメーカーながら、木工道具販売の長い歴史を背景に使用者の要望に敏感に応え、ウッドカービングの入門者から熟練者まで幅広く、アイデアと品質を提供できる道具作りを目指しています。
鋼材として特殊なブロミンとバナジウムが合金化された高炭素鋼を採用。57-58 HRCのレベルの硬度を持ち、粘りの強い素材なので、カービングに適しています。
ものづくりの視点はアッシュやオーク製の柄、本革製のシース、研磨道具にも行き届いています。
一点一点手仕事にこだわって作られた牧歌的な美しさをまとった道具は、手の馴染みもよく、きっと創作活動に広がりをもたらすでしょう。

この商品のレビュー

総合おすすめ度:

(0/全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

PAGETOP