タフな現場のチョイス PIHER

選ばれる理由

強力・頑丈・精緻
これが、PIHERのピストンクランプだ。

動画のモデルはピストンクランプ マキシプレス Fです

PIHERのピストンクランプ最大の特徴、ダブルスクリューピストンシステムとは?
普段は外側から見ることのできないピストンクランプの内部を覗いてみます。

内部には両端に正ねじと逆ねじが刻まれたダブルスクリューが。また、そのねじは三角ねじであることがわかります。
一般的にクランプにはすべりがよく磨耗しにくい台形ねじが採用されるケースが多いですが、その反面ねじが緩みやすいという欠点も。
PIHERのピストンクランプ全モデル、緩みにくさと締結力に優れた三角ねじを採用しています。

ダブルスクリューピストンシステムだから、ハンドル1回転で通常の倍の速さ、倍の強さでクランプ可能。
通常のクランプに比べ、より少ないハンドル回転数で同じピストンストローク量を得られ、より軽い力でハンドルを回して大きなクランプパワーを発揮できるのです。(全ピストンクランプ共通)

ハンドルを回すとあら不思議!ピストンはハンドルの回転につられて回転することなく繰り出されてきます。また、ピストンクランプにはボールジョイントパッドがありません。

無回転で真っ直ぐに繰り出されるピストンなら、接着剤の圧着工程でもずれない!また、ボールジョイントパッドがないほうが板の木口面などの接触面積の小さい対象や傾斜のついた面に対してもよく効きます。(全ピストンクランプ共通)

ピストンクランプはスクリュー部分が露出していないのでスクリューがゴミを巻き込んで動きが渋くなったり、溶接作業においてスパッタにねじ山がおかされる不安も減少。
※マキシプレスF、R、XXLはフルカバード。クラシックE、F、エクストラディープはピストン側のスクリューは露出しませんがハンドル側は露出するためハーフカバードとなります。
※動画右側に登場するクランプはピストンクランプではありません。

可動ジョーに配置されたノンスリップギザギザパッドが、クランプを締め込めば締め込むほどバーにがっちりと噛み付きます。
締め込む際はもちろん、締め込んだあとにクランプにガンガン衝撃を加えても、クランプが緩むことはありません。(全ピストンクランプ共通)

マキシプレスF及びRの可動ジョーにはテンションスプリングが配され、クランプを立てても逆さまにしても揺すっても、可動ジョーが滑り落ちることはありません。
ジョーをスライドさせたい時はジョーを少しだけひねって動かします。(マキシプレスF、Rのみの機能)

マキシプレスのカーブドジョーなら、クランピングポイントの手前に邪魔な段差があっても多少の段差ならあて木を用意しなくても干渉せずにクランプ可能。(マキシプレス F、R、XXLのみ)

マキシプレスの固定ジョーに十字に刻まれたV溝によって鉄パイプや丸棒なども安定してクランプ可能(マキシプレス F、R、XXLのみ)

マキシプレス F及びRの可倒式ハンドルはまっすぐでもL字型でも使用可能。L字形に倒せば力が入れやすく、障害物があって360度回せないときは180度反対に倒して障害物を避けることができます。(マキシプレスF、Rのみ)

専用クランプパッド(別売)もご用意。(ピストンクランプ全モデル対応)

台の上に安定して仰向けに立てられるマキシプレスならインスタント卓上バイスとしてこんな使い方もOK。(マキシプレス F、R、XXLのみの機能)

あなたに合うのはどれ?

ハイパフォーマンス ピストンクランプ・マキシプレス
コスパ重視 ピストンクランプ・クラシック
深いフトコロ ピストンクランプ・エクストラディープ
機能比較表
機能 マキシプレス クラシック エクストラディープ
ダブルスクリュー
ピストンシステム
1回転で2倍繰り出される
少ない回転でパワーが出せる
ピストンがまっすぐ出るので、
傾斜面やクランプしにくいところでも効く
ピストンがまっすぐ出るので、
クランプ対象がずれたり動いたりしない
ノースリップブレーキ ギザギザパッドで、クランプ時に
ジョーとバーが滑って力が逃げるのを防ぐ
スクリューカバー スクリューがフルカバーされているので
溶接の作業も安心

ハーフカバード

ハーフカバード
クランプパッド(別売) 材料を保護できる
ピストン側のみ
装着可
可倒式ハンドル より力がかけやすい
ハンドルが取り外しできる
ピストンの
グリスニップル装備
ピストンメカのグリスアップができる
可動ジョーの
スプリングストッパー
スプリングストッパー内蔵の可動ジョーは
どれだけゆすっても動かない
固定ジョーに十字のV溝 パイプなどを安定してクランプできる
ジョーの形状 固定ジョーがカーブしていて
H鋼のでっぱりなどの障害物を避ける
テーブルの上に安定して立つので
卓上バイスとしても使える
PIHER ピストンクランプの歴史

ずっとピストンクランプを作ってきたPIHERとピストンクランプの歩みを紹介

モデル 用途 バー クランプ力 フトコロ イメージ シリーズ名
E 軽作業用
(ライトデューティー)
30×8mm 9000N 8.5cm ピストンクランプ クラシックE ピストンクランプ
クラシック E
F 普通作業用
(ノーマルデューティー)
35×8mm 9000N 12cm ピストンクランプ クラシックF ピストンクランプ
クラシック F
9000N 12cm ピストンクランプ マキシプレスF ピストンクランプ
マキシプレス F
R 重作業用
(ヘビーデューティー)
40×10mm 10000N 16cm ピストンクランプ マキシプレスR ピストンクランプ
マキシプレス R
XXL 超重作業用
(エクストラヘビーデューティー)
60×12mm 22000N 19cm ピストンクランプ マキシプレスXXL ピストンクランプ
マキシプレス XXL
K 特に深いフトコロ
(エクストラディープ)
40×10mm 2000N 40cm ピストンクランプ クラシックF ピストンクランプ
エクストラディープ 40K
1500N 50cm ピストンクランプ マキシプレスF ピストンクランプ
エクストラディープ 50K

PIHERの商品一覧はこちら