はじめよう!木のボールペン作り

世界にひとつ!だれにでも素敵なペンが作れます!

作ったペンは… - 大切な人への贈り物に

こんなシーンにおすすめ
・誕生日
・結婚祝い、結婚記念日
・進学、就職
・定年退職、還暦 など…
普段使いできるボールペンや万年筆は、貰って嬉しいアイテムのひとつ!

「実はわたしが作りました!」…なんて、相手を驚かせることもできて、プレゼントするのも楽しいですよ!

ウッドバーニング*で名入れや模様・絵を描くことができる!

プレゼントする相手の名前が入っていれば、より一層喜ばれることでしょう。
模様や絵を描けばオリジナリティのある1本に仕上がります。

*ウッドバーニングとは
電熱ペンを使って木を焦がして絵や文字を描く手法のことです。
元々はバードカービングという鳥の彫刻を行う人向けに、羽根の細密表現のために生まれた技術ですが、今では幅広い層の方に楽しまれています。

作ったペンは… - 自分のお気に入りの1本に

パソコンが一般的になった現代でも、「書く」ということがなくなることはありません。
仕事だけでなく、手紙や手帳・宛名書き・お礼状など、ペンが活躍する場は絶えません。

そんな普段のお供に自分で作ったペンを使えば、「文字を書く」という作業もお洒落で楽しいひと時になることでしょう。

とっても簡単!ペンづくりの流れ

1.ペン木地とペン金具を選ぼう!

使いたい材料と、デザインの異なる30種類以上あるペン金具から気に入ったものを選びます。
ツヤや透明感のある仕上がりになるアクリル生地もあります。

2.木地に真ちゅうパイプを通す!

市販されているペンと同じように、メカが通る空洞をつくります。
木地に穴をあけ、真ちゅうパイプを木地の中に接着します。

接着後、木地と真ちゅうパイプの面が均一になるよう、専用の刃物で木地を削ります。

3.木地を削って胴体をつくる!

いよいよペン作りの一番楽しいポイント!
木地の左右にセットした金具を太さの目安にしながら削っていきます。
持つ部分がふくらんでいる形にするもよし、全体的にスマートな形にするもよし、木らしさを主張したボリュームのある太さで仕上げてもよし!

4.ペンを組み立てる

金具と胴体を専用のプレス機(ペンプレス)で組み立てます。
完成間近、緊張の瞬間です!

5.完成!

全て組み立てて、ついに世界に一つのオリジナルペンが完成!
小さい旋盤でできるから、スペースが限られている人でも気軽にはじめられます!

こんな道具を使います

木工旋盤
木地を回すための機械です。
一般的な電動工具に比べて静か!

穴あけの道具
木地に穴をあけたり、木地とパイプの面を整えるときに使用します。
電動ドリル・ボール盤など。

バイス
木地に穴をあける際、木地を固定しておくために使用します。

刃物
木を削るための道具です。削りたい形にあわせて刃物を選ぶことも。

ペンマンドレル
穴をあけた木地を木工旋盤に取り付けて加工するために使います。

ドリル
木地に穴をあけるための刃物です。電動ドリルやボール盤に取り付けて使います。

バレルトリマー
木地の中に入れた真鍮パイプと木地の面を整える刃物です。

ブッシュ
木地を削るとき、最終的な木地の太さの目安とするパーツです。

接着剤
木地と真鍮パイプを接着する際に使用します。

仕上げ剤
削った木地の仕上げに。オイル・ワックスなどお好みで!

ペンプレス
ペン金具の組み立て(圧入)に使用します。

PAGETOP