ダストデピュティーって何がすごいの?2ステージサイクロン集じんの魅力

サイクロン集じんのいいところを紹介!

1ステージタイプの集じん機やクリーナーを『2ステージサイクロン集じん』にするダスト・デピュティー。
「サイクロンってすごそうだけど、いったいどんな効果があるの?」という疑問にお答えします!
『2ステージサイクロン集じん』っていったい何?

1ステージ集じん機のしくみ

通常のクリーナーはモーター・回収タンク・フィルターが1つのパッケージになっている「1ステージ集じん機」です。

コンパクトボディで使い勝手が良いのですが、
・回収タンクが小さいから、ゴミ捨て頻度が多い。
・回収タンクとフィルターが近いから、不衛生。
・フィルター詰まりがおこりやすく、機械に負荷がかかる。
などの欠点がありました。

そこで、サイクロン集じんのOneida ダストデピュティーの出番です。
ダストデピュティーは、コーン型のサイクロンパーツと、大きなバケツドラムの2つで構成されています。
ダストデピュティーを粉じんと掃除機の間に取り付けて、吸ってみることにしましょう。

2ステージサイクロン集じんのしくみ

まず、吸い込んだ粉じんはサイクロンパーツに入ります。内部で発生する強力な遠心力のはたらきにより、内部でぐるぐると回転しながらドラム内に落下します。(これが、「サイクロン」=「竜巻」の由来です。)

約99%の粉じんはドラム内に捕らえられ、残りの微細な粉じんと空気だけが煙突部分を駆け上がるので、クリーナー内に入る粉塵はほんのわずか。

サイクロン集じんは回収タンクが2つになることから、「2ステージ集じん」とも呼ばれますが、「ただ粉じんを吸い込むこと」以上のメリットが非常に多いため、高効率な粉じん回収を必要とする大型工場などでは必須の設備となっています。

ダストデピュティーで得られる、3つのいいこと

ゴミ捨てがとっても簡単

99%の粉じんはダストデピュティーの大容量ドラム内に溜まるので、クリーナーにはほとんどゴミがたまりません。いつものゴミ捨てはドラムだけで済むので、とっても簡単。容量も大きいので、ゴミ捨ての回数も減ってらくちん。

いまよりもっとキレイ いつも清潔な工房環境に!

クリーナーに入る粉じん量がごくわずかなので、フィルターの目詰まりの回数が少なくなります。
とても面倒なフィルター掃除の手間が省け、衛生的な排気環境。まさに一石二鳥です。

クリーナーを「活かし」て「守る」

クリーナーは粉塵の溜まっていない状態で動き続けるから、いつも安定した力を発揮することができます。クリーナーに対する負荷も減るため、機械自体の寿命も延ばせます。

細かい粉には効果がないの?!

ダストデピュティ―は木屑などを捕捉するのが得意なので、サンディングで出た粉状のダストは通り抜けてしまうのでしょうか?
実際にドラムサンダーなどにつないでみたところ、サンディングの粉は集じん機に到達しますが、ダストデピュティ―の回収容器にも一定量がたまっており、フィルターの目詰まりを遅らせる効果はあるようです。

用途や環境に合わせて選べる ダストデピュティーのシリーズを紹介!

小さなクリーナー向けの「ダストデピュティー」シリーズ

コンパクトなクリーナーには、

Oneida ダストデピュティー

Oneida 壁掛けダストデピュティー

Oneida ダストデピュティー 53L(よくばりブラック)

Oneida スチールダストデピュティー

この4モデルがオススメです。

 

シンプルさを重視するか、または便利機能が盛り込まれたタイプか、もしくは丈夫な金属製のものか…
皆さんの用途に合わせてお選びください!


Oneida ダストデピュティー

接続すればすぐに効果が実感できる、ベーシックなダストデピュティー。
サイクロン部と19Lの回収容器2つ、ホースがセットになっています。

Oneida 壁掛けダストデピュティー

ベーシックな「Oneida ダストデピュティー」を、壁に取り付けられるようにした新タイプ。
床面積を占領しないので省スペース。
また、透明のポリ袋に直接ゴミをためるので大容量。
たまったゴミの量もチェックしやすく、捨て忘れがありません。
特定の電動工具で使う場合や、ワークベンチの近くの壁に取り付けると便利です。

Oneida ダストデピュティー 53L(よくばりブラック)

便利な機能が盛り込まれた、ダストデピュティーのよくばりモデル。
サイクロン部と大容量53Lの回収容器には静電気に強い帯電防止樹脂を採用し、5つのキャスターで移動もらくらく!
ゴミ袋も使えるので、掃除やお手入れにかける時間も短縮されます。

Oneida スチールダストデピュティー

サイクロン部と38Lのドラムが金属製で耐久力が高く、木くず以外の砂や金属くずを吸っても安心です。
木工以外の用途で検討されている方にもオススメです。


大きな集じん機用の「スーパーダストデピュティー」シリーズ

工房内の集じん環境を1台の集じん機で構築している方には、集じん機用の

Oneida スーパーダストデピュティー 4"

Oneida スーパーダストデピュティー 5" (サイクロンのみ)

Oneida スーパーダストデピュティー 6" (サイクロンのみ)

これら3モデルがオススメです!

 

スーパーダストデピュティーの基本的な機能はどれも同じですので、「工房内の主配管のサイズ」「使用する集じん機の馬力」でお選びください。


Oneida スーパーダストデピュティー 4"

Φ100mmホースが直接接続できる、シリーズの中では一番コンパクトサイズのスーパーダストデピュティーです。0.5~3馬力までの幅広い集じん機に。
56Lドラムが付属しています。

Oneida スーパーダストデピュティー 5"(サイクロンのみ)

インレット(機械側)にはΦ125mmホース、アウトレット(集じん機側)にはΦ150mmホースが接続可能なスーパーダストデピュティーです。1~3馬力の集じん機に。
「自作が難しいサイクロン部だけ欲しい!」という方にもオススメです。

Oneida スーパーダストデピュティー 6"(サイクロンのみ)

Φ150mmホース向けに設計された、大型のスーパーダストデピュティー。
3~5馬力の大型集じん機に適したサイズです。


大きな集じん機に小さなダストデピュティ―をつなぐとどうなるの?

大きな集じん機は、送風機のようなしくみで、風を動かして木屑を吸い込みます。
「ダストデピュティー」シリーズをつないだ場合、ほとんど吸わない状態になってしまいます。
これは、ホースの径を細くしぼってしまうことで風量が格段に落ちてしまうからです。
大きな集じん機には、「スーパーダストデピュティー」シリーズをお選びください!!

※家庭用のクリーナーは、大きな集じん機とは異なるしくみで、少ない風量で真空度を高めて吸い込みます。

PAGETOP